花梨 2007年9月23日生 
by karin-chama
カテゴリ
全体
日常
食事
病院
未分類
以前の記事
2013年 12月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
Link
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

花梨姫様誕生祭。

本日9月23日は、姫様のお誕生日です。
めでたく4歳になりました♪

花梨家では、姫様の誕生日を力一杯お祝いする気持ちで、
いつもと変わらない休日を過ごしております。

また一年、いつもと変わらず健康でいてくださいな。
よろしく頼みますよ、花梨さん♪
a0120944_13114835.jpg


↓おめでとう。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
1ぽちで、10Ptいただいています。
応援、ありがとうございます。
[PR]
by karin-chama | 2011-09-23 13:12 | 日常

ままのモノは花梨のモノ、花梨のモノは花梨のモノ。

花梨を我が家へ迎え入れると決まった4年前、
花梨にイタズラされそうなものや、誤飲の原因になりそうなものは
全て片付けました。

その中のひとつ「ビーズクッション様」

さすがに、もうイタズラすることはないだろうと
また使い始めようかなぁ…と思って出してきたら。。。
a0120944_13222088.jpg

姫様に占領されました。

↓こうやって、全てが花梨のモノになっていく。。。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
1ぽちで、10Ptいただいています。
応援、ありがとうございます。
[PR]
by karin-chama | 2011-09-19 13:28 | 日常

すっかり、良くなりました。

手術が終わって、3週間が経ち
花梨さんは、すっかり元気になりました。

手術後の肥満対策で、
2週間前からフードを減らされている花梨さんは、
すっかり食いしん坊に戻りましたよぉ。
a0120944_1702831.jpg

お散歩でも、いっぱい走るようになりました。
a0120944_1704759.jpg

もう、すっかり健康体です。

↓ヨカッタ、ヨカッタ。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
1ぽちで、10Ptいただいています。
応援、ありがとうございます。
[PR]
by karin-chama | 2011-09-17 17:01 | 日常

順調回復。

8月29日に手術をした花梨さんですが、
その後、おかげさまで順調に回復しております。

手術から1週間後の9月5日に抜糸をし、
傷口もだいぶキレイになってきました。

少しずつ、散歩の量も増やし、
今朝は、手術前とほぼ変わらない距離を歩いてきました。
a0120944_20574928.jpg

子宮を摘出すると太りやすくなると聞いたことがあり、
先生に伺ったところ、やはり、食事には気を付けたほうが良いとおっしゃっていたので、
ぱぱと相談し、少~し減らすことになりました。
a0120944_20581191.jpg

そのせいかは分かりませんが、
ご飯は、毎回残さず食べてくれるようになりました。ヨカッタ、ヨカッタ。

↓順調に回復しております。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
1ぽちで、10Ptいただいています。
応援、ありがとうございます。
[PR]
by karin-chama | 2011-09-10 20:59 | 日常

ヤキモチじゃないのよっ!

余談ですが。。。
手術が終わってからというもの、花梨とぱぱの仲の良さは異常です。

元々、ぱぱべったりの花梨さんでしたが、
たまにままも視界に入っていたのですよ、手術前は。

それが、手術を境に
ままが居るにも関わらず、ぱぱがトイレに行くと鼻を鳴らして追いかけ、
眠るときもぱぱの枕を二人で使いべったりくっつき、
ままがご飯の支度をしている時なんて、
ここぞとばかりにぱぱの足元にべったりくっついています。
(以前は、ご飯の支度をしている時のままは、超人気者だったのに。。。)

そういえば、手術当日病院で、
ぱぱが手術後のお会計をしようと花梨から1メートル離れただけで、
「くぅ~ん」と鳴き出したそうです。
先生にも「これじゃ、入院できないねぇ」と笑われてしまったそうです。

↓ぱぱがトイレに行ったときの証拠写真。ままの方なんて見やしない。
a0120944_13223648.jpg


↓手術当日、ままに徹夜で看病してもらったご恩を忘れたなっ!
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
1ぽちで、10Ptいただいています。
応援、ありがとうございます。
[PR]
by karin-chama | 2011-09-04 13:26 | 日常

手術とその後。

しつこい様ですが、花梨さんがだいぶ元気になってきたので、
記録も兼ねて、手術の事とその後の経過を書きたいと思います。

花梨手術当日。
花梨ままは、どうしても仕事へ行かなくてはいけなかったので、
全てを花梨ぱぱに託していきました。

ぱぱは、井元先生のご厚意により、手術室で花梨の手術を見学させていただきました。
腕からと口から麻酔がかけられ、手術が行われました。
子宮・卵巣以外に異常は無く、今回の手術が終わってしまえば、健康体に戻り、
今後、別の器官に影響が出ることは無いそうです。

手術は1時間程で終了し、その後は動物病院のなかで麻酔が切れるのを待ちました。
こちらも先生のご厚意によりゲージの傍にいさせていただきました。
最初は、目が覚めていても、ぱぱを認識することが出来ず、ぼんやりしていました。
そのうち、意識がしっかりしてきて、ぱぱを認識できるようになってくると、
ぱぱの近くに行きたがり、その方法を考え、周りを見渡したりしていました。
もっと意識がはっきりしてくると、ぱぱの近くにいけない事を不満に思い、
敷いてあるトイレシートをイタズラしたりタオルをイタズラしたり。。。

本来なら、手術当日は入院するのですが
先生が特別に「花梨ぱぱが付いてるなら大丈夫でしょう」と言ってくれ、
当日夕方6時頃、自宅に帰りました。
(当日退院というのは、危険なので本来許可はしていないそうです。)

7時過ぎに花梨ままが帰宅すると花梨はぱぱに抱っこされ、
麻酔の影響で大量に出たよだれで顔と耳が濡れていて
うつろな顔をしていました。
花梨ままは、一日ぱぱから来る連絡のみで様子を聞くしかなかったので、
2人の顔を見たときには、本当にホッとしました。

その日の夜は、花梨も傷が痛むのか30分おきくらいに身体を起こしていて、
ほとんど眠ることはありませんでした。
また、お水を翌朝まで飲んではいけなかったので、
それも辛くて眠れなかったようです。

翌朝、お水を飲むと少し落ち着いたのか、短く眠るようになりました。
さすがに食欲はなかったようで、ぐちゃぐちゃにふやかしたフードも
ほとんど口にすることはありませんでした。
この日の夜は、白菜を煮て煮汁を一緒にフードに少しかけてあげるとペロッと完食しました。

手術当日は、表情もあまり無く、ぼんやりとしている事が多かったのですが、
日を追うごとに表情がしっかりしてきて、動きも元に戻ってきました。

今日で手術後5日目ですが、もうヘソ天で眠る事も出来るようになりましたし、
食欲も完全に戻りました。
エリザベスカラーともうまく折り合いをつけたようで、
いろんな所にぶつかる事も少なくなってきました。
ほぼ、手術前の状態に戻りつつあります。
a0120944_1613819.jpg

↑この写真は、手術翌日のモノ。まだ顔がぼんやりしていますね。

以前から書いているのですが、花梨家は夜寝る時、みんな一緒のお布団で寝ています。
花梨の手術が終わって、エリザベスカラーを付けてから、
「布団の段差にエリザベスカラーが引っかかる」と言う理由で、
人間を含む全員が床で寝ることになりました。
正直、若くないぱぱとままは、毎日身体が痛いのですが、
これも可愛い娘の為。
エリザベスカラーが取れるまで、我慢しようと思います。

最後になりましたが、ご心配下さった皆様、
花梨は、皆様の暖かいお気持ちと、先生のすばらしい処置のおかげで、
日に日に元気になっております。
本当に、ありがとうございました。

↓もっと元気な姿をお見せできるように頑張ってくださいね、花梨さん。
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
1ぽちで、10Ptいただいています。
応援、ありがとうございます。
[PR]
by karin-chama | 2011-09-03 16:30 | 病院